セシュレルは美白効果がある商品として知られていて、シミに有効という事は多くの人が理解していると言えます。そんなセシュレルはニキビ跡に対しても効果があるのかどうかを調べてみた結果を紹介していきます。

セシュレルクリームの配合成分を見てみると有効成分はトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルが使用されています。これらの成分は美白効果、炎症を抑える効果があると言われ医療機関でも実際に使用されている成分であり、科学的な根拠があります。

基本として美白クリームはシミを改善する他にもくすみの解消、ニキビ跡にも効果があります。セシュレルにはアーティチョーク、梅、甘草などの植物由来の成分が32種類も配合されているのが特長で、植物由来の成分の効果としては美肌、保湿、ターンオーバーの促進、エイジングケアを挙げることができます。

それからセシュレルサプリは皮膚の原料であるN-アセチルグルコサミン、保湿効果が期待できるヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドにプラスして11種類のビタミンと抗酸化作用があるプロテオグリカンが含まれています。

肌の保湿をするとターンオーバーが促されニキビ跡をキレイにすることができます。これらのことから、セシュレルのオールインワンタイプのクリームとサプリのダブル効果で、ニキビ跡の改善を目指せます。

セシュレルに関するよりくわしい情報や、モニターへのお申し込みフォームはセシュレル公式サイトからご確認ください。
バナー7